Sever Disease シェーバー病

自分の都合よりも、体の都合を大事にしてあげてください。

シェーバー病とは?

オスグットのむしり取られるという感覚よりは、踵の部分に何回も何回も圧力がかかってしまうので、踵の骨の骨端核が壊死しまったり、炎症を起こしたりします。炎症を起こすという意味ではオスグットと同じですが、感じ方として踵が痛いがメインになってきます。無腐性壊死と言って、腐りはしないのですが、中の所が壊死してしまうことがあります。

骨端症(こったんしょう)は、主に子供さんに起きるものなんですが、部位違いで、膝下ですとオスグットになり、括り的には同じ分類になります。場所の違いになります。安静と使わない、運動制限をかけてあげないといけません。負荷をどれだけ減らせるかというところになります。そして、アキレス腱とふくらはぎの筋肉を緩めるが核になってきます。

物理療法、手技療法、運動療法を織り交ぜながら施術します。

固定をして、炎症の時期はそれ以上腫れないようしっかり押さえ、その後は物理療法でES530、超音波、靭帯の部分に鍼を打ち痛みを緩和したりします。平気な人には鍼自体に電気を流したり、時期を見ながら運動療法と交ぜてやっていきます。基本的には、物理療法、手技療法、運動療法を織り交ぜながら施術します。

先生から患者様へ

踵が痛い、痛みを堪えて無理な練習得はなしッ!

Contact US お問い合わせ

043-273-1060

ゆず整骨院お問い合わせ